人事の徒然なるままに

【障がい者雇用】人事担当者として思うこと

人事の徒然なるままに

私は企業の人事担当者として、先日、障害のある方を採用しました。彼は発達障害を抱えており、その特性としては落ち着きがなく、一方的な話に集中することが難しい傾向があります。しかしながら、彼は数字に強く、物事をロジック的に捉える才能に長けています。彼はオープンポジションとして採用され、現在は社内のチームと共に、非常に難しい役割を果たしています。私よりもずっと優秀な仕事をしています。

彼が所属する就労移行支援事業所では、彼の弱点を克服し、あるいは目立たなくすることが重視されていたようです。その結果、彼の自己肯定感はかなり低下していました。しかし、現在では、彼の落ち着きのなさが個性として認められ、自然な形で仕事をこなしています。

彼の成功には、彼自身の努力だけでなく、周囲のサポートや理解も欠かせません。彼が持つ数値処理能力や論理思考力は、チーム全体にとって貴重な資源です。彼の特性を活かし、彼の強みを最大限に活用することが、彼の成長と企業全体の成功につながると信じています。

障害を抱えた人々が自己実現し、職場で活躍することは、多様性と包摂の重要な側面です。私たちは、彼のような優れた才能を持つ人々が、自分らしく活躍できる環境を提供することで、企業の持続的な成長と社会への貢献を実現できると確信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました