サポート・支援

障害者手帳について知ろう!申請方法や種類、メリットとデメリットについて解説

障害者手帳について知ろう!申請方法や種類、メリットとデメリットについて解説 サポート・支援

障がい者雇用とは

障がい者の雇用を促進する法律や制度が整備されている日本では、企業や雇用者はこれらを活用することで、障がいを持つ人材を積極的に採用することができます。

これによって、障がいを持つ人が社会参加し、自立した生活を送ることができるようになることが目的とされています。

しかし、障がい者雇用にはまだまだ課題もあります。

例えば、障がいを持つ人材の採用に対して偏見や差別的な態度をとる人がいることが挙げられます。また、障がい者本人が適切な職場環境やサポートを受けられるようにすることも課題の一つです。

一方で、障がい者雇用によるメリットもあります。例えば、障がい者材の採用によって、企業の多様性や社会的責任の達成につながることが挙げられます。また、障がい者は熱心で真摯な姿勢で働くことが多く、他の社員にも良い影響を与えることがあるとされています。

障がい者雇用は、社会的責任を果たすとともに、企業にとってもメリットがある取り組みとなっています。障がい者の採用に対して偏見や差別的な態度をとることなく、多様な人材を受け入れることができるようになることを期待したいところです。

障害者手帳取得の手順

障害者手帳を取得するには、以下の手順が必要です。

1.医師の診断書を取得する

障害の程度や種類を診断してもらうため、主治医や専門医に診断書を書いてもらいます。診断書は必要な手続きに必要な書類の一つです。

2.役所で手続きをする

診断書をもとに、居住地の市区町村の障害者福祉課・障害者相談支援センターなどの役所で手続きをします。手続きに必要な書類や手数料などが異なるため、あらかじめ確認しておくことが大切です。

3.診断評価委員会で審査を受ける

診断評価委員会で審査を受け、障害の程度や種類を判定してもらいます。判定に基づき、障害者手帳の種類(療育手帳、総合支援手帳、身体障害者手帳など)が決定されます。

4.手帳の交付

手続きが完了すると、障害者手帳が交付されます。

なお、障害者手帳は、必要に応じて更新する必要があります。また、手帳の種類によっては、交付時や更新時に、審査や面接などの手続きが必要になる場合があります。

障害者手帳を取得するメリットは?

障害者手帳を取得するメリットは以下の通りです。

1.福祉制度の利用が可能になる

障害者手帳を持っていると、各種の福祉制度を受けることができます。例えば、障害者自立支援法に基づく自立支援給付金や、障害者雇用支援制度による雇用支援などがあります。

2.医療費の割引や免除が受けられる

障害者手帳を持っている人は、医療費が割引や免除される場合があります。また、公共交通機関の割引制度もあります。

3.手帳の種類によっては、優遇措置が受けられる

手帳の種類によって、就職や教育などにおいて優遇措置が受けられる場合があります。例えば、総合支援手帳を持っている人は、高校や大学の入学試験で優遇されることがあります。

4.社会的信用度が上がる

障害者手帳を持っていることで、社会的信用度が上がることがあります。障害を持っていることを隠す必要がなくなり、周囲とのコミュニケーションがスムーズになることもあります。

以上のように、障害者手帳を持っていることで、様々なメリットがあります。

障害者手帳のデメリットは?

障害者手帳にはメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

1.プライバシーの問題

障害者手帳は、持っている人が障害を持っていることを示すものです。そのため、周囲から差別的な態度を受ける可能性があることや、個人情報が漏れる可能性があることなど、プライバシーの問題があります。

2.障害者手帳がなくても生活できる人もいる

障害者手帳を持っていなくても、障害を持っている人が自分らしく生きていくことは可能です。また、手帳を持っている人でも、その手帳によって優遇措置を受けることができない場合があります。

3.更新が必要

障害者手帳は、有効期限があり、定期的に更新する必要があります。手続きに時間や費用がかかるため、手間がかかることがデメリットとなります。

4.手帳の種類によっては制限がある

手帳の種類によっては、制限がある場合があります。例えば、身体障害者手帳を持っている人は、運転免許の取得に制限がある場合があります。

以上が障害者手帳のデメリットです。障害者手帳を取得する際には、メリット・デメリットをよく考え、自分にとって必要かつ適切な選択をすることが大切です。

障がい者雇用での差別とは

障がい者雇用における差別とは、障がいを持つ人に対して不当な差別的な扱いをすることを指します。

例えば、障がいを持つ人の採用にあたって、あらかじめ「障がいを持っている人は採用しない」という方針を決めていたり、採用面接の際に障がいを持つことを理由に不採用とすることが挙げられます。

また、障がいを持つ人が就業中に不当な扱いを受けることもあります。例えば、同じ業務を担当している社員と比べて報酬が低く、配属先が狭いなど、待遇面での不利益がある場合があります。

これらの差別的な扱いは、法律によって禁止されています。

例えば、雇用機会均等法では、障がいを持つ人に対する不当な差別を禁止しています。また、就業場所のバリアフリー化や、障がい者の労働条件改善など、障がいを持つ人が働きやすい環境を整備するための制度も整備されています。

障がい者雇用においては、障がいを持つ人が多様な能力を持っていることを認め、個々の能力に応じた適切な支援を提供することが重要です。企業や雇用者が障がいを持つ人を採用する場合には、偏見や差別的な態度をとらず、多様性を受け入れる姿勢が求められます。

まとめ

障害者手帳のメリットは、福祉サービスの利用や車の自動車税免除、公共交通機関の割引、就労支援制度など、様々な支援が受けられることです。一方、取得には時間と手続きが必要であり、個人情報が開示されることや、障害を持つことが公になることによる社会的な偏見や差別の可能性もあることに注意が必要です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました