サポート・支援

障害者雇用促進法とは?

法定雇用率、障がい者雇用を促進するための取り組み、障がい者雇用に関する情報 サポート・支援

こんにちは。本記事では、障害者雇用促進法の説明、法定雇用率、障がい者雇用を促進するための取り組み、障がい者雇用に関する情報をまとめたサイトをご紹介します。

障がい者雇用促進法とは?

障がいを持つ人々が、一定の雇用環境において社会的に自立し、その能力を十分に発揮できるようにすることを目的とした法律です。2013年に改正され、障がい者の雇用機会の拡大や、支援制度の整備などが進められています。

わかりやすく箇条書きでまとめます。

  • 障がい者が社会参加しやすくするために制定された法律
  • 障がい者が就職や職場で働きやすくするために、様々な支援がされている
  • 障がい者が働くためのハローワークなどの就労支援機関がある
  • 障がい者が働く職場には、バリアフリーの設備が整備されている必要がある
  • 障がい者が働くことで企業に税制優遇措置が与えられる
  • 障がい者雇用において、法定雇用率が定められており、企業は一定数以上の障がい者を雇用する必要がある
  • 法定雇用率を達成できない場合、罰則が課せられる可能性がある
  • 障がい者が就職することで、彼らの自立支援や社会貢献が促進され、社会全体が豊かになる

もう少し詳しく説明します。

障害者雇用促進法は、障害を持つ人々の就労機会を広げることを目的として、2000年に制定されました。その後、2013年に改正され、より効果的な障害者の雇用促進が進められることとなりました。

障害者雇用促進法では、雇用主に対して、障害を持つ人々に対する差別の撤廃、雇用の推進、必要な配慮の提供、雇用継続の支援などの義務を課しています。また、雇用主には、雇用の創出や雇用環境の整備、職務の適正な配分、社員教育・研修の充実などを促す措置が講じられています。

障害者雇用促進法には、障害者雇用の義務化も盛り込まれています。公共部門を含む企業において、障害者雇用率が一定水準以下である場合には、雇用者に対して罰則が課せられます。このように、障害者雇用を推進するためには、雇用主に対する責任と義務が強化される必要があるとされています。

法定雇用率とは

障がい者雇用の法定雇用率とは、障がいを持つ人を雇用することが法的に義務付けられた企業において、その企業が雇用すべき障がい者の割合のことを指します。

具体的には、障がい者雇用促進法に基づく雇用均等・機会均等の確保等に関する法律により、企業には法定雇用率が設定されています。法定雇用率は、企業の従業員数によって異なり、原則として、従業員数50人以上の企業においては、2.3%以上の障がい者を雇用することが求められています。ただし、従業員数が15人未満の企業については、法定雇用率が設定されていないため、義務化されていません。

企業は、法定雇用率を達成するために、積極的に障がい者の採用や雇用環境の整備に取り組む必要があります。また、障がい者雇用に関する支援制度や補助金を活用することで、障がい者の雇用に関する負担を軽減することができます。

法定雇用率を達成できないと?

障害者雇用の実現には、障害者自身の意識改革や、就労のための支援体制の整備も必要不可欠です。障害者は、就労することで、自己実現や社会参加の機会を得ることができます。また、障害者が就労することで、企業や社会全体において企業の多様性や社会的責任を果たすこともできます。

障がい者が活躍することによって、企業の社会的イメージを向上させ、顧客や取引先からの信頼を高めることができます。

障がい者雇用の法定雇用率が達成できない場合、企業に対して罰則が課せられることがあります。具体的には、障がい者雇用促進法に基づく雇用均等・機会均等の確保等に関する法律により、法定雇用率を満たしていない企業に対しては、次のような罰則が科されることがあります。

  • 障がい者雇用の優先採用義務付け
  • 制裁金の支払い
  • 契約の制限

具体的には、制裁金に関しては、法定雇用率を下回っている障がい者雇用義務者に対しては、1人につき1日当たり3万円以下、全従業員数に対する割合に応じて金額が異なります。

このような罰則があることにより、企業は障がい者の採用や雇用環境の整備に注力することが求められています。ただし、障がい者雇用は、単なる法的義務ではなく、企業の社会的責任やCSR(企業の社会的責任)の一環として捉えることが大切です。

障がい者雇用を進めるための取り組み

障がい者雇用促進法は、障がい者の就労を促進するために様々な支援策を講じています。たとえば、就労支援施設の整備や、障がい者が職場で必要な補助具の貸し出し、就職後のフォローアップ支援などが挙げられます。このような支援策は、障がい者が安心して就労できる環境を整備し、積極的に社会参加できるようにするために不可欠なものです。

また、障がい者雇用促進法には、障がい者に対する差別の禁止や、障がい者に対する適切な配慮の義務化なども規定されています。これにより、障がい者が就労において差別や偏見に直面することがないよう、積極的な取り組みが求められています。

障がい者雇用促進法は、障がい者が社会参加するための重要な法律です。企業や公的機関が積極的に取り組み、障がい者が自立した生活を送るための支援をすることが、社会全体の利益に繋がることは間違いありません。

障がい者雇用に関する情報

これらのウェブサイトでは、障がい者雇用に関する様々な情報が提供されています。就職活動や障がい者雇用に関する疑問や不安がある場合は、こうした情報を参考にすることが大切です。

  1. 障がい者雇用促進センター
  2. 障がい者雇用支援機構
  3. 障害者雇用情報サイト「ハローワーク・障害者雇用情報」
  4. 国立障害者リハビリテーションセンター
  5. 障害者採用支援情報サイト「アクション・フォー・ダイバーシティ・アンド・インクルージョン(ADI)」
関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました