サポート・支援

就労移行支援事業所って、何ができる?何をしてる?

就労移行支援事業所 サポート・支援

就労移行支援事業所という存在を知ったけど、一体何をしているところなのか疑問を感じている方はいませんか?なんだか怪しい…そんな風に思っている方に向けて、元就労移行支援事業所スタッフの私が、何をしているところなのか説明したいと思います。

就労移行支援事業所とは

「就労移行支援事業所」とは、障害のある方が就職するためのサポートをする通所型の福祉サービスです。全国には約3300ヵ所以上の就労移行支援事業所があります。

就労移行支援事業所って何をやってるの?

就労移行支援事業所では何をしているかというと、

  • 就職するためのスキルを身に着ける訓練
  • 通所することで就職するための体力作り
  • 上司や同僚とのコミュニケーションを上手にとれるような訓練
  • 体調不良時のリカバリー方法を学ぶ、実践する
  • 自分の障害や特性についてスタッフのサポートをもらいながら自己分析
  • 履歴書や職務経歴書など、書き方を学んだり、面接練習
  • 自分に合った職場を探したり、スタッフから紹介された求人に応募する

など、就職するために必要な力を身に着ける訓練をしています。

毎日通所して就職できるだけの体力をつけ、スキル面の訓練やグループ活動を通して適切なコミュニケーションの取り方を練習したり、実習(インターン)に参加し働く自信をつけたりなど、様々なことを日々行っいます。

決して怪しいことをしているわけではありません(笑)

ちなみに、訓練する施設なので、工賃は原則ありません。

就労移行支援事業所は誰でも使える?

就労移行支援事業所を利用するためには条件が4つあります。4つすべて満たしている方が利用できるサービスです。

  • 一般企業で働くことを希望する方
  • 身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病などがある、もしくは就職することに困難を感じている方(手帳の所持は必須ではありません。)
  • 18歳以上、満65歳未満の方
  • 現在仕事をしていない人

どんな人が使ってる?

就労移行支援事業所の利用者さんは本当に様々な方がいらっしゃいます。高校や大学を卒業し、就職せずに来る方もいれば、仕事で体調を崩し引きこもっていた方、障がい者採用ではなく、普通の一般採用を目指す方… それぞれの状態に合わせて日々通所しています。

就労移行支援事業所にはこんな方達が通っています。

  • 就職した経験がない方
  • 体力をつけたい方
  • 自己分析したい方
  • 家族や学校の先生に勧められてきた人
  • 一日でも早く就職したい方
  • じっくり時間をかけて就職したい方
  • 自分の障害や特性がよくわからない方
  • コミュニケーションがめちゃくちゃ苦手な方
  • 障がい者採用ではなく、普通の一般採用で働きたい方

就労移行支援って、どれくらい利用できるの?

就労移行支援を利用できる期間は原則2年間です。

就労移行の再利用について

利用料は?

就労移行支援の自己負担月額は、前年の世帯収入に応じて変わってきます。世帯収入は本人と配偶者の金額の合計であり、親の収入は換算されません。
就労移行利用者の約9割以上の方が無料で利用しています。私が働いていた就労移行支援事業所でもほとんどの方は無料で利用していました。

世帯の収入状況負担上限額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯(※1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円(※2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、
ケアホーム利用者を除きます(※3)。
9,300円
一般2上記以外37,200円

(※1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。
(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります。
※その他条件によって減免があるので、各行政に確認してください。

厚労省:利用負担額

まず話を聞いてみたいときはどうしたらいい?

気になる就労移行支援事業所があるなら、直接電話やメール、サイトの問い合わせフォームなどから連絡をしてください。私が就労移行支援事業所で働いていた時も、よく見学したい、話を聞きたいと直接連絡をいただくことがありました。

どこの就労移行支援事業所もお問い合わせは大歓迎です。見学や体験した場合も同様です。

サイトからお問い合わせをする

就労移行支援事業所がたくさんあって決められないときは?

通院しているなら主治医に相談するのが一番です。「おすすめの就労移行支援事業所知りませんか?」と聞いたらだいたいの先生が教えてくれると思います。

そのほかには、一番お気軽なのがハローワークの窓口ですね。通所を検討している就労移行支援事業所の近くのハローワークや、お住いの自治体のハローワークでおすすめを聞いてみましょう。

そのかには、私がおすすめしている就労移行もいくつかありますので、ぜひご参考にしてください。

利用までの流れ

就労移行支援事業所の利用にあたり、見学や体験利用をおすすめします。どんな雰囲気か、どんなことをしている、できるのか、などまずは身に行ってください。ご家族と一緒に見学に来るかも多いです。

こちらが利用までのだいたいの流れですが、お問い合わせ~利用開始まで2週間程度の方が多いです。

まずは気になる就労移行支援事業所があればお問い合わせしてみましょう。どの就労移行支援事業所もお問い合わせは大歓迎ですよ。

就労移行は意味ないとか、怪しいなどと言われることもありますが、実際に見学に行くことでその不安はきっと解消されると思います。

○○の対応でわかる!まともな就労移行の見分け方も合わせてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました