障害特性

ASD(自閉症スペクトラム障がい)の特性と原因。

障害特性

こんにちは、国家資格キャリアコンサルタントの笠見です。

今回はASD(自閉症スペクトラム障がい)の特性と原因について、イラストを交え、わかりやすく説明してみたいと思います。

まずは、自閉症スペクトラム障がいの説明から始めます。

自閉症スペクトラムの障がい特性

自閉症は、社会性(対人関係)・コミュニケーション・想像力の三つの特性をもっており、これを「三つ組みの障害」と呼びます。

社会性の特性
・暗黙のルールが理解できない。人とのかかわり方が独特。
コミュニケーションの特性
・言葉や表情等の使い方や理解の仕方が独特で、人と上手にコミュニケーションを取れない。
想像力の特性
・見通しが立てにくく、経験したことがないことに対して想像を膨らませられない。急な変更が苦手。
●その他として感覚の特性
・感覚の敏感さや鈍さ。

自閉症と自閉症スペクトラム障がいの違い

診断名として現在では「アスペルガー症候群」や「自閉症」は使われなくなっています。

理由を簡単に説明すると、DSM-5(アメリカ精神医学会が作っている、心の病気に関する診断基準)により、小児期崩壊性障がい・レット障がい・アスペルガー障がい・特定不能の広汎性発達障がいを削除し、自閉症スペクトラム障がい(ASD)という単一の診断基準に統合されました。

ですから、自閉症と自閉症スペクトラム障がいには違いはなく、現在では統一されているということです。

もっと詳しく知りたい方はhttps://www.mentalclinic.com/disease/p7458/

発達障害の中の自閉症スペクトラム障がい

発達障害は自閉症スペクトラム障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がいの3つに分けられます。

知的障がいに併存する自閉症スペクトラム障がいと注意欠陥多動性障がい

自閉症スペクトラム障がいとADHDに知的障害を併存している人もいます。
■知的障がいが重度であればあるほど 、 自閉症の併存率は高くなる
■IQ 30 以下では併存率は 7 割以上 (杉山 、 2008)

自閉症スペクトラムの原因

現在のところ、自閉症スペクトラム障害の正確な原因は明らかになっていません。先天性の脳の機能障がいであるため、治るということはありません。つまり、愛情不足や、育て方の問題ではないのです。

  • 脳の機能障がいが原因
  • 発症には複数の遺伝子が関わっている
  • 3歳くらいまでに症状が見られることが多い


大人になるにしたがって臨機応変な行動や、柔軟なコミュニケーションを求められ上手くいかずに気づく事が多いです。

ASDの方に話を聞くと、高校生や大学生あたりから徐々にコミュニケーションがうまくいかないことを自覚したり、指摘されることが多いようです。そして、徐々に学校に行けなくなったり、休学したりする人も多いと聞きました。

自閉症の特性は誰でも持っている


スペクトラムとは連続体のことで、自閉症の特性は誰でも持っています。

どうでしょうか、あなたにも他者と比べて、こんなことはありませんか?

  • そそっかしい
  • 細かすぎる
  • 頑固者
  • 特定の物事に対し、こだわりが強い

私は、本当にそそっかしくて、めちゃくちゃ忘れ物をします。ですが、自分なりの工夫で対処できているため、社会生活を送るうえで大きな問題にはなっていません。

誰でもある特性ですが、その特性が強く、日常生活に支障が出る人は、「サポート=支援」の対象になります。

自閉症の方は、消して珍しい存在ではありません。特性の強さによって、支援が必要・不要に分かれるだけ。みんな誰でも特性を持っています。

自閉症→脳(中枢神経系)の機能障がい

特性には強弱があると書きましたが、どうして特性には強弱があるのでしょうか。

それは、自閉症は脳の機能障害であるため、定型発達の方と比べると、脳の器質的な障がいにより情報処理の仕方が違っているからです。

定型発達の方であれば、認知や理解、行動面で特性が出たとしても、特性の表出が弱いため「個性」ととらえられますが、ASDの場合は定型発達の方と比較すると、強く特徴が出てくるため、「特性」と捉えられます。

自閉症スペクトラムのまとめ

  • 自閉症スペクトラムは脳の機能障がい
  • 自閉症スペクトラムは情報を受け取ること・表現することが難しい
  • 独特な行動や考え方は障がい特性が大きく関わっている


どうでしたか。自閉症について理解は深まりましたか?

一番お伝えしたいことは、誰でも自閉症の特性を持っているということです。消して自閉症の方の能力が劣っているわけではなく、脳の機能障害により、情報処理の仕方が違っているということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました